<   2014年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

準備から全て一人で行った引越し

私が初めて引越し業者にお願いして引越しをする時、友達に「数社から見積りを取った方が良いよ」と勧められました。

私は、友達の言うとおり、次の休日に引越しの見積りを時間差で、3社予約してのです。

そこで、驚いた事が、数社見積りを予約している事が相手業者の方にわかると、他の業者より早い時間を指定されるのです。

結局、1社目は9時に来てもらう事に・・・。

そして、部屋を見てもらい査定してもらうと、正直思った以上の金額提示で。

なので、「他の業者にもお願いしているので、少し考えさせてほしい」と言うと、新たな金額提示があるのです。

そして、金額がさがり、「今決めてもらったら」と納得いく金額提示がありました。

結局、一番の業者に決め後の業者さんには、お断りの電話を入れる事に

初めから、1社にしておけば良かったと思いました。

実家に戻ることになったことで、準備から全て一人で引越しに取り組みました。その中で一番苦労したのが荷物の整理です。普段から物の整理や片付けはきちんと行っているつもりだったのですが、予想していたよりも結構多い荷物の量だったことで、かなり焦りました。

例えば故障して使わなくなったパソコンやプリンター等の家電製品、読まなくなった本や着ることがなくなった衣類など、もっときちんと行っておけば良かったと後悔しました。

それでも今回の引越しは一人なので、とにかくスピードを重視して取り組みまして、何とか引越しの当日に全ての荷物をまとめることができました。
引っ越し見積もり相場をチェック!すぐわかる引越し料金
[PR]
by hastyflower | 2014-04-15 09:25

意外に楽しい引越し

引越しは面倒くさいと思う一方で、みんなで助け合って行うと意外に楽しいものです。引越し専門業者に頼むのではなく、ご近所さんや親戚や兄弟に、友達や仕事の同僚まで手伝ってもらう引越しには、新たな出会いがあったり思いがけない喜びに遭遇することがあります。

なによりも人が大勢集まって行う引越しは活気があります。女性陣は荷造りに精を出し、運搬作業は男性陣が勇ましく行ったりすると夏のお祭りを思い起こさせます。そして傍には、子ども達のキャッキャッした声が鳴り響いたりするのです。

長い人生で引越しの経験などそうあることではありませんので、良い思い出にしたいものです。
[PR]
by hastyflower | 2014-04-15 07:50

引越した直後スーパーへ遠回りしていたこと

今住んでいる家へ引越しをしていたときに、初めて近くにあるスーパーへと買い物に行った時、ものすごく遠回りをしたことがあります。

詳しい道もよくわからず大通りに沿って歩いてスーパーまで買い物に行ったのですが、徒歩で二十分ほどかかりました。

ところがその後近道を見つけ、その道を通っていくと徒歩でたったの八分でスーパーまで到着しました。

まさかそんなに近い距離だとは思ってもいなかったので、二十分もかけて歩いていたことがバカバカしいやら悔しいやらといった気分になりました。

もちろん今では近道を利用して、スーパーへと通っています。


[PR]
by hastyflower | 2014-04-12 22:31

空回り気味

最近ちょっと空回り気味です。頑張れば頑張るほど空回っているような気がします。

こういう流れの時って何をやってもうまくいかないんですよね。何とか、この流れを変えようと一生懸命になればなるほどドツボにはまっていくような感じです。

まあ、あんまり考えすぎてマイナス思考になる事が一番よくないような気がするので前向きにがんばって生きます。

やっぱり、プラス思考で前を向いていかないといい流れはやってきませんからね。

無理やりにでもプラス思考になって、ポジティブにポジティブにと言い聞かせながら頑張っていこうと思います。


[PR]
by hastyflower | 2014-04-11 10:49

引越しをすることに憧れています

引越しをする機会が無いので引越しをすることに憧れています。

今住んでいるところに満足をしているのですが、引越しをして他のところに住んでみたいなと考えることもあります。

ですが職場にも近くていい場所に住んでいるのでなかなか引越しをする機会は無いです。今よりもいい住居を見つけるのが難しいかなと感じています。

引越しの経験があまり無いので引越しに憧れたりするのかもしれません。

今後も引越しをする機会はそうないのかもしれませんが、引越しをすることを検討する時は真剣に考えたいですし違う場所での生活にも興味があります。


[PR]
by hastyflower | 2014-04-09 09:21

どたばた引越し

引越しまでに数ヶ月余裕があったにも関わらず、我が家の荷物が多いお陰で、なかなか荷造りがはかどりませんでした。

友達に引越しのコツを聞くと、いらないものはどんどん捨てて物は減らしたほうがいいよ。との事。
だけどなかなか物を捨てられず、作業がなかなか進まないまま引越し当日を迎えました。

引越し業者のスタッフが帰ってしまうかもしれないと思いながらも、ギリギリまで荷造りをしていると、

「おはようございます!」と元気な声。

「すみません、荷造りがまだ終わっていないんです。」と言うと、スタッフの皆さんは嫌な顔ひとつせずに作業に取り掛かってくれました。

いろいろな思いの詰まった引越しだったので、こんなに気持ちよく対応してもらえた事が私は嬉しかった。

一日がかりの引越しでクタクタになりましたが、スタッフさんの優しい対応に感謝しました。


[PR]
by hastyflower | 2014-04-08 17:09

業者を使わない引越しはすごく疲れる

自分たち身内だけで引越しの作業を行う場合、レンタルトラックをいつも借ります。レンタルトラックは値段が安いほうがいいので、ネットで安いところをいろいろと調べて、自宅から近いところで借りるようにしています。
私が借りるときは大体半日借りて七千円くらいの料金のレンタルトラックを借りています。そして時間を越えると五百円ほど料金が加算されていきます。

ただ業者を使わない引越しは、大型荷物の移動がとにかく大変です。素人だけの慣れない引越しなので、時間もものすごくかかります。なのでいくら安くとも業者を使わない引越しはすごく疲れます。

[PR]
by hastyflower | 2014-04-06 18:43

引越しのバイトしていた時のお話

運送屋でバイトしてた時にとある県警の偉い人の引越し作業に行ったことがあります。
県内の官舎Aから別の官舎Bへの引越しだったんですが、これがもう凄かった。
官舎Aで荷物の積み込みを済ませると、ちょうどお昼時だったので我々も食事をして一休みしてから官舎Bへ向かったのですが
到着するとそこには官舎に住んでる警察官全員が整列!
「どうなってるんだこれ…」と思いつつ作業を始めます。

家に荷物をおろすときは最初に家具を入れて、その次にダンボールなんかを入れていくんですが
我々が1部屋に家具を入れ終わると、トラックからその部屋まで警察の皆さんが整列
見事なバケツリレーならぬダンボールリレーでその部屋に見る見るダンボールが積まれていきます。
それが3部屋4部屋と続いて、家具入れが終わると既にトラックは空っぽ!
官舎Bに着いてから作業開始後40分、我々の仕事は既に無く…さすが警察官、と思った1日でした。

[PR]
by hastyflower | 2014-04-05 17:02